修復歴

修復歴

お車を手放そうとお考えの方もいらっしゃると思います。その手放そうとお考えのお車、修復歴はありますか?事故歴はありますか?この修復歴や事故歴によっても、お車の査定は変わってきます。

 

では、修復歴と事故歴どのように違うのでしょうか。修復歴があるお車は、全て事故車ということになるのでしょうか。実は、事故車かどうかの判断は外観からは全く分かりません。査定のプロでも、見落としてしまうこともあるくらい。事故車というのは、人間でいえば骨折。ということは、お車でいえばフレームの部分まで損傷した状態を事故車という扱いになります。

 

フレーム部分は、一度折れ曲がってしまうと、折れ曲がった後がついてしまいます。フレーム部分は、交換することが出来ないため、折れ曲がった部分を引っ張って元の状態に戻すことになります。そのため、完全に元の状態に戻すのは難しいということ。逆に、その他の部分を傷つけてしまった、へこませてしまったという程度の場合には修復歴という扱いになります。しかし、判断は難しいですが、追突されたり、どこか固いところにぶつけてしまったなどで、20万円ほどの修理代がかかった場合には、事故車となる可能性もあるよう。

 

この場合には、事故車でないお車と比べると、小さい車の場合には10万円から、大きいお車の場合には30万円から減額になってしまいます。
修復歴か、事故車として扱われるかは、実際に査定を行ってみないと分からないというのが現状のよう。

 

 

車買取 神戸