車種 グレード 色 査定額

車種やグレード・色によって査定額は違うの?

これからお車を手放そうとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。お車を売る場合、ご自分のお車がいったいどのくらいの価格なのか気になりますよね。
お車を買取してもらう場合、査定をしてもらうことになりますが、一体どういったことが査定の基準になるのでしょうか。

 

車種

まず、お車の査定の一番の土台となるのは、車種となります。
どんなに綺麗に乗っていて、走行距離もそんなに走っていない、傷もない、事故歴もないお車でも、人気のない車種では高い査定がつくことはありません。
人気のある車ほど、査定は高くなるということになります。

 

グレード

次は、お車のグレード。
お車には、2400ccと3500ccの2種類があります。当然、3500ccの方がグレードが高く、高級感もありますが、査定時に高くなるのは2400cc。
それは、2400ccの方が買取っても売れる可能性が高いから
。やはり、中古車を買う方は、維持費も考えてお車を購入されるため、2400ccの方が断然人気があります。
車税も、15,000円ほど安くなりますし、燃費も良い方が売れるというのは当然といえます。

 

カラー

そして、次に査定のポイントとなるのはお車のボディーカラー。
これも、重用になります。
新車で購入する際は、お色で価格が異なるなんてことはありませんが、中古車の場合にはお色によって売れる、売れないかが分かれるため、ボディーカラーも大切となります。
当然、売れ筋は黒か白。
この2色は、査定が高くなります。

 

このようなことを含め、お車の査定は行われます。どうですか、あなたのお車は高い査定つきそうですか?

 

神戸 車売る